FSDSS-608 私の美しい義理の妹

学生の頃、兄が愛華を家族に紹介するために家に連れて帰りました。藤井蘭々さんはとても可愛くて綺麗な女の子で、特に胸が大きくて目が離せません!とても良い彼女がいる兄に嫉妬しています。隣の部屋で二人がセックスしている音を聞くと、興奮を抑えるのが難しくなりました。それからしばらくして、らんらんさんは私の義妹になり、私も卒業して就職しました。今回、私は東京に出張していたので、ホテルを借りる必要がないように兄が私を数日間彼の家に泊めてくれるように誘ってくれました。それで何年かぶりにらんらんと再会しました。彼女は今も昔も変わらず可愛くて美しいです。しかし…彼女はブラジャーを着けていません!突き出た2つの豆と丸い胸の形が見えました!特に兄が残業を続けて妹とセックスをしていないことを知ったとき、私はもう我慢できませんでした!こんな魅力的なボディを無駄にするわけにはいかない!最初は抵抗していた彼女だったが、私の気持ちを理解し、私のチンポがもたらす快感を味わうと、積極的に参加するようになった。それで、ここに滞在中、私は兄に代わって美しい義理の妹の「世話」をすることになりました...

FSDSS-608 私の美しい義理の妹

FSDSS-608 私の美しい義理の妹